過去日記2


父と散歩がてら小金井公園行ってきたでござる。
風の古道に出てくる「小金井公園熊笹の茂み」がないかなーと思って探してるんだけどないですね。
体育館の駐車場の脇にあるのがそれっぽい。ような気がする。
太陽が傾いて林の木立の幹に横から日があたって地面が縞模様になってるのが好きです。

風の古道の二次創作するときは基本的に五街道細見を見ながら妄想してる。
私の脳内だと、こないだ書いた話のあとは東海道を関宿まで東に進んでから南下する、伊勢の斎王の群行と同じルートで旅をしつつイチャイチャする感じなので、斎王群行の本も一緒に読んで萌えてます。

自分メモ

すゞか峠
そのかみは、坂の下に川ながれて宿は川ばたより続きてありけるを、九ヶ年以前庚寅のとし(慶安三年)うち続き大雨ふり、山くづれ家をうづみ、人多く損じたり。その時より今の宿は坂よりも七八町ばかり下にあり。宿のうちに橋二ツあり。次の橋より坂口にかゝる。坂のあひだ八町あり。坂口の左の方に社あり世に申しならはしたるは、この御神は鈴鹿御前とて、天照太神の御母なりとかや申す。おぼつかなし。
(岸井良衛編「五街道細見」有限会社青蛙房刊昭和34年2月10日初版158ページより)

アマテラスはイザナギ一柱から生まれてるはずだけど、考えてみたらスサノオもお母さんに会いたくて嘆いたりしてるし、イザナギこ穢れを落とすための沐浴をして生まれた=イザナミによる黄泉の穢れとイザナギの神気が超融合してアマテラス爆誕みたいな解釈がアリなのか…な?
おぼつかなしってあるから、萬治版細見書いた人も、アマテラスのお母さんって誰だよと思ってたんだろうけど。

◆うーん?と思って記紀読んだら、日本書紀だとイザナミがアマテラスのお母さんみたいになるのかな?日本書紀は別伝が多くて難しい…

レンさんも前世?の遺骨をもとにお母さんが一人で産んだ人だからね。
なんとなくこう…なんとなくこう、ここの社で主人公くんと一緒に休みつつ、そういう話とかしてたらいいと思うの。
それにしてもレンさんの出生、今思うと、すごく…山風です。