過去日記15

なんか夜叉丸どのと蛍火たんがぜんぜんイチャコラしてないじゃん!そんなのはイヤだ!
と思ってシークレット蛍火たんのその後のオマケを書いてたら18禁になった。夜叉蛍はラフな感じに18禁にしていい気がする。

私はバジリスクの登場人物はみんな好きなんだけど、朧のどこが好きかっていうと、伊賀勢と同じ地味な着物着てるあたり。
なんかこう、一人だけ豪華な着物着てお姫様然としてないところが、この子いい子なんだな~と思えて好き。

ついでに前に書いてたやつ貼っとく。




バジリスク女性陣の服装について

一応下図を参照してみると分かりやすいかもしれない。服の配色はアッパーズ掲載 当時、バジリスクコミックカバーが本誌付録になったことがあったんだけど、その ときにせがわ先生の奥さん兼アシスタントのおさきさんが描いていた使用説明漫画 をもとにしています。

蛍火 既婚者仕様の前帯をしている。弦之介と婚約中の朧が後帯なのに、同じく婚約中の 蛍火は前帯なあたり、夜叉丸とは許嫁ってレベルじゃなくて、もはや結婚してるも 同然状態なんだなあとしみじみ思う。それか蛍火がフライングなのか。 褐色の着物(これは伊賀勢全員共通)に濃い紫色の帯で、帯には金色の模様が入っ ている。たぶん金糸の縫い取り。髪を結んでいる紐の色がよくわからないんだけ ど、たぶん白だと思う。夜叉丸の元結も白だったし、二人でお揃いにしていればい いよ!

朱絹 未婚者仕様の後帯をしている。細帯で蝶々結び。あとは特に服装の特徴はなし。 お胡夷以外のバジ女性陣は皆お端折りのある着物(対丈じゃない着物)を着ている んだけど、お端折りのある着物は対丈の着物に比べて格が高いわけだから、隠れ里 の郷士とはいえ農民とかよりは身分が上なんだなと思う。 赤みの紫っぽい色の布で髪を結んでいる。布に暗めの金糸?か何かで縫い取りがし てあるっぽい。帯の色は適当。

朧 未婚者仕様の後帯をしている。細帯で蝶々結び。あと帯揚げが入組結びになってい て、未婚女性であるのを強調している(この時代に帯揚げはないけど)。帯揚げの 必要がない細帯なのに帯揚げをしているのは、朧様なりのおしゃれなんだろうか。 辛子色に近い黄色の布を巫女の檀紙のようにして髪を包み、その上から水引を結ん でいる。布には暗紅色のぼかしのような模様がある。髪をこんな風にまとめること については何か意味がありそうだけど(ぱっと思いつくのは未婚女性の証とか、処 女の証とかくらいかな)よく分からない。帯揚げの色は鮮やかな赤。帯の色は適 当。

陽炎 未婚者仕様の後帯をしている。他の女性陣が細帯なのに対して、一人だけ半幅帯く らいの幅の、ちょっと硬そうな帯をしている。結び方は一重太鼓(この時代に一重 太鼓はないんじゃないかと思うけど)。帯の結び方からしても普通の里の女性とは 別格な感じ。お太鼓にするには帯揚げがいるはずだけど、脱がされてるシーンでも 確認できず。 薄い緑色の着物。濃い青緑の布とかんざしで髪をいったんお団子っぽくまとめてか ら垂らしている(説明が難しい)。垂らした毛先も布で結んでいる。青緑の布には 赤と黄色っぽい色の模様がある。帯の色と、毛先の方の布の色は適当。髪の結び方 の名称や意味も分からず。

お胡夷 上はたぶん「手無し」で、下はたぶん「四幅袴」。四幅袴は戦国時代に雑兵が用た りしてたわけだから、戦闘着というほどでなくても、伊賀を探りに行くために気合 いを入れた服装なんじゃないかと思う。「十対十」で出てた普段着は、普通の作業 着だった。 暗い黄色の手無しに、灰色がかった暗みの青の腰紐をしている。同じ色の布で髪を まとめ、手と足にも巻いている。四幅袴の色は適当。